改名|「わかな」になります。-私の生い立ち-

名前について

私は、昔から

あまり自分の名前を気に入る事ができず

なんとなく、違和感みたいな物を感じながら生きてきました

私の名前は母の姉が付けたそうで、

同級生の立派な方の名をもらったそうです。

小学校高学年からは、あだ名的な、名前で、呼ばれ、

全然違う名前で、呼ばれる事が多かったです。

名前でからかわれる事も多かったし、何かと間違われやすい名前でもあったので、余計に嫌やだったのかな。

19歳くらいの時に、父に、

私の名前は、人の名前の漢字としても良くないらしいから改名しようと、言われた事もあり、

名前つける時にしっかり考えてよっと突っ込み所満載で、、、 。

当時の私はそれもとても傷ついてしまいました。

実の親に、名前を良くないと言われるなんて、、

でも、今思えば、何かと苦労の多かった私に、父が心配して、色々調べてくれて、父なりの愛情だったんだと思います。

私の生い立ち

私の生い立ちは、

サラリーマンと専業主婦の両親に産まれ、

今で言う母からのネグレクトで育ちました。

首に手をかけられたことがあったり、

夫婦喧嘩も頻繁で、

母は泡を吹いて倒れる事もしばしば。

中学生くらいに母は失踪

父はリストラになり、

私なりに家族を助けるために、

高校には行かずに早くから働いて。

このざくっとの文の中にはそれは言葉では言い表せない壮絶な出来事や思いがありました

でも、どの出来事も、

今の「私」を作る出来事で

乗り越えてきたからこそ、

「今の私」がいるから、

頑張ってきた全ての自分を誇りに思っています。

最高の名前で生きていきたい

名前は意味を持ち、

漢字一文字一文字にも意味を持ち、

名前にも、人生の歩みがでてくる。

これまで散々頑張ってきたから

これからは、ひーたんと、手を取り合って

しっかり幸せになる為に、

生まれ変わる気持ちで

本来私が持っている

素敵な所を最大限に活かせるように

最高の名前で、生きて生きたいと思い

改名するに至りました。

戸籍上の改名

名前を戸籍から変えるには、裁判所に申請をして、何度かやり取りをして
手紙や、直接会って話をして決めていくそうです。

私は実際に裁判所へ出向き、
裁判官の方に、生い立ちから今に至るまで根掘り葉掘り質問され

結構しんどかったです…。

結果は、

7年以上その名前を使い続け、実績がないと受け付けられない。

「その名前は素敵な名前だから変える必要など無い」との事でした。

何かをジャッジしなくてはいけない立場の方は、
ここで認めてしまったら、私の名前を否定すると同じ事になるんだな。

「その新たな名前を沢山使っていって下さいね 」

沢山の思いを胸に。

7年後、その時に幸せいっぱいのわかなで、
更に希望に溢れた思いで挑みたいと思いました。

ハッピーわくわくプロジェクト!

この出来事の裏には、本当に大変な事があり、ひーたんとの危機もありました。

家出したり号泣したり、人間らしさ満載でしたが、
ハッピーわくわくプロジェクトとしては、基本的に幸せな事を書いていきたいので!!!💕💕💕

幸せをお伝えしていきます!!!!!❤✨✨

後になってわかった事ですが、母は、ADHD・鬱病を持っていたらしく、
色んな大変な事は病気のせいだったんだなと。

病気の中でも、不器用ながら、育ててくれた事、感謝しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。